看板は至る所に設置されています。   no comments

Posted at 12:06 pm in

結構目印になったりするので助かります。また、コマーシャルでよく見る看板などは、気になってつい眺めてしまいます。以前大阪に斜めに立てられた広告塔が有りました。何となく見ていると今にも落ちそうな感じで、結構話題になったモノです。電車に乗っていても大きなモノから小さなモノまで広告用の看板をよく見ます。最近は電工掲示板も増えています。しかし昔ながらのモノの方が僕は好きです。何となく哀愁を漂わせるからです。基本的には広告塔でしょうが、それ以上に愛着を感じます。見る度に勇気が出る様な看板も有ります。一日に1度は必ず見ると言えます。見る気がないものも目に入ってしまうのです。広告塔としてはこれほど効果的なモノは無いと思います。ただ、今日一日でどの広告が目に焼き付いているかと言われると少し自身はありません。毎日多くの広告塔を見ているからです。

看板はある意味広告塔です。

毎日嫌と言うほどの看板を見ます。気にすることなく何となく見ているているというのが殆どです。会社の行き帰りはもちろん車に乗っていても歩いていても看板の無いところは全くありません。その広告効果はどうかというと、気になるモノはあるモノの心に残るモノは少ないと言えます。一日中数多くのモノを見ている割には、心に残っていないのです。良く見るモノはあそこに確かあったという程度には覚えていますが、それ以外のモノは一日何枚の看板を見たかなんて事は全く覚えていません。つり広告や駅の広告塔などを目にするモノは大変多いのですが、いざ印象に残るモノとなると殆ど無いというのが実情です。これでは広告主もやりきれないかも知れません。通常のチラシなどでもリピート率は3%ぐらいとのことなので、この手の広告もそれほどのリピートがあれば十分と言えるのかも知れません。いずれにしても町にはあふれかえっていると言えます。

看板作りで重要なこととは

誰がデザインしても同じような広告になるものもあれば、特定の人が書いた絵が非常に大きなインパクトをもたらす場合もあります。特に今はいろいろなデザインを作ることができ、個性ある看板なども作られるようになって、そこにオリジナル性を見出すことが可能になったのです。自分がこれだと思うような看板を作りたいと思った時に重要なのは、そのデザインでしょう。どんなものをアピールしたいか、そこに作り手の意思がなければ、広告としての意味はなしません。そのため、制作段階からある程度のビジョンを持ち、自分がどういう形でそれを体現していきたいかを明確にする必要があるのです。プロの作る広告デザインはかなり合理的であり、見る人の目を釘付けにする働きが最初からあります。それは、多くの面で評価されるような視覚効果を持っているのです。

お客様から満足の声、多数いただいております。名入れ印刷方法のバリエーション豊富です!ばらまき用や来場記念品などシーン別ノベルティ各種取り揃えております。数量限定!お役立ち手拭いが大変お安くなっております!地震などの災害時に大活躍するスグレモノです。販促良品.comでは、名入れはもちろん、あらゆるアイテムのOEMにも対応いたします。ノベルティを選ぶならここ!

Written by admin on 1月 14th, 2014