部屋にあったオーダーカーペットを選ぶためのポイント

初めてカーペットをオーダーメイド加工する場合、留意する点は、部屋の床面積を正しく把握し、部屋の壁や家具インテリアの雰囲気並びに色とのコントラストを考えます。次にカーペットに図柄を入れる場合は、ソファや棚等との位置関係をチェックし図柄が隠れないよう確認します。部屋に床暖房システムが有る場合、熱の伝導性に優れた床暖房専用のカーペット生地を選ぶことが必要です。ペットの室内飼育の場合、爪がひっかかり難く、臭い対策の機能が備わったカーペット生地が適しています。以上の点を頭に入れておき購入を検討します。このようにオーダーカーペットの加工は、既製品と異なり、サイズ、デザインも円形や菱形のように自由自在に注文出来ます。また、カラー、図柄、織りに加えて、機能性まで要望することが可能となります。特に、住居の新改築の際がジャストタイミングと考えます。

オーダーカーペットと既製品との違い

オーダーカーペットの特徴は、洋室や和室等の部屋に限らず、階段並びに廊下等どんな場所にも要望に応じて、カーペットを敷くことが可能となります。そして、部屋に配置されている大型家具などを気にする必要はありません。また、特殊な間取りやサイズの部屋でも床面積にジャストフィットし隙間が空きませんから洗練されたお洒落な部屋へと変貌します。一方、既製品のカーペットの場合、カーペット寸法と部屋の床面積は合致しないので、必ず隙間や空間が生まれてしまいます。一部分だけ、畳やフローリングが露出してしまい結果、度々、カーペットが捲れて、高齢者の方が足をひっかけてつまずく原因になります。このようにオーダーカーペットは、部屋のお洒落度を高めると共に生活の安全性を阻害する要因の排除にも繋がります。

オーダーカーペットのメリットとデメリット

オーダーメイド加工する狙いは、部屋の佇まいや居住性の向上です。既製品では全て手に入れることは不可能であり、オーダーカーペットの最大のメリットと言えます。改めて、オーダーカーペットのメリットとデメリットを整理し、その内容を明示します。まず、メリットは、専門カーペット職人による丁寧な加工の満足度の高い仕上がりとなります。次にリビングや部屋の状況に合せて、生地や織り柄、色等を選ぶことが可能となります。床面に隙間なくカーペットが敷かれますから躓き等がなくバリアフリー対応としての機能も得られます。お気に入りの逸品は、再オーダーが可能となる場合があります。一方、デメリットは、オーダー加工に掛かる時間が発生し、注文から納品までのタイムラグがある事です。このようにデメリットは少なく、メリット十分なオーダーカーペットは必ず、顧客要望に応え、満足をもたらす商品と考えます。