上手にオーダーカーペットを手に入れるための採寸方法

カーペットは部屋のインテリアデザインとして、扉を開けた時に真っ先に目に飛び込んでくる物であり、その空間に彩りを与えてくれます。現在、市販されているカーペットだけでも数え切れない程の種類が販売されていますが、果たしてそれが本当に自分の部屋に合うかは分かりません。サイズは勿論ですが、色や柄がその部屋のインテリアとしてマッチするか、また自分が心の底から納得して気持ちよく、お金を出す事のできる品物が手に入るかどうかは分かりません。そこで、自分の希望に沿った物を購入するには既製品を購入するのではなく、オーダーメイドで要望をヒアリングして、一から作りあげるオーダーカーペットがあります。次に初めてオーダーメイドでカーペットを購入する際に気をつけるべきポイントを紹介します。

オーダーカーペット購入時に気をつけるべきポイント

まず一言でオーダメイドと言っても、何も決まっていないところから考えて作りあげるため、どこまでならオーダーカーペットにお金をかけられるかの予算を設定します。金額が決まったらその部屋の間取りを採寸しますが、例えば間取りが六畳の部屋であれば、全面に必要なのか、もしくはタンスや机・ソファー等の家具類、またテレビ等の電子機器を除いた面積のみに敷くのかを決めます。次にカーペットのデザインですが、これは部屋の全体的な壁や装飾品といった物と合わなければ、せっかくのオーダーカーペットが台無しになるため、採寸と同じくらい重要になります。最後にそのカーペットを使用する時期ですが、オールシーズン使う物か、また秋から春といった季節限定で使う物かによって材質選びも変わってくるでしょう。

オーダーカーペットの賢い選び方について

採寸やデザイン、そして金額の大枠が決まったら、どこでオーダーカーペットを購入するかの段階になります。本当に納得して買い物をするのなら、専門店で担当者の方と顔と顔を突き合わしてコミュニケーションを取りながら、こちらの要望・意図する事を一つ一つくみ取ってもらい、決めていく方法が望ましいです。しかし、予算面やなかなかお店に出向いて話しをする時間が取れない方は、ネットで選ぶ方法もあります。一言でネットといっても様々なサイトがあり、そこから決めるのは大変ですが、メリットとして空き時間など、忙しくて夜中しか自分の時間が取れない方でも選ぶ事ができる点が挙げられます。主に上記二つの購入方法があり、お店での対面や接客されるのが苦手という方や、仕事上、時間が取れないなど、ライフサイクルによって決定するのが望ましいでしょう。